底力ニッポン SOKOJIKARA NIPPON

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /var/www/html/wp/wp-content/themes/i-com/single-works.php on line 24

復興支援ボランティアプロジェクト

Mission

三度目の奇跡へ、いま、底力を。

2011年、かつてない規模の災害による大きな悲しみを胸に、日本はこれまで経験したことのない先の見えない状況に陥っています。そんな中、世界中の国々から勇気を与えてくれる祈りが届いています。みんな、一人ぼっちじゃない。世界中に応援してくれている方がいる。だから、今、私たちはその祈りを受け止め、悲しみを勇気に変えて、立ち上がらないと。明治維新、戦後復興に続く日本にとって三度目の奇跡への挑戦は、全人類が見つめる新しい時代への挑戦です。私たちならできる。この国には、SOKOJIKARAがあるのだから。それは、地の底からでも笑顔で這い上がっていく力。この国の希望、人類の未来、そして一人ひとりの人生を賭けて、私の底力、あなたの底力を見せる時が来たのです。

Concept Making

大重傷を負った日本ですが、心臓は止まっていません。しかし、ここで日本が経済活動・消費活動を自ら停滞させてしまったら、心臓が動かなくなってしまいます。だからこそ、経済の活性化・消費の活性化は非常に重要なテーマなのです。しかし、一方で緊急性を問われない不要不急の産業では自粛ムードが蔓延しているのが現状です。このままでは長期的に見て、経済がシュリンクしてしまうのは明らかです。本プロジェクトは、「底力ニッポン」を旗印に、生活者が消費活動をすること自体が復興支援に繋がっていることの理解促進を目指します。ここで扱うロゴが掲出されているお店や企業が日本の復興、被災地支援に積極的に取り組んでいるということが一目でわかる状態を作りだし、消費活動の継続による産業の活性化が復興支援に繋がっていくというプラスの循環を生み出すことを目指します。

本プロジェクトは、日本を愛し、主旨に賛同する全ての人々の志のみで繋がっていくプロジェクトです。誰かがやっているプロジェクトではなく、賛同した瞬間、一人ひとりが主人公として主体的に行動を起こせることを大切にしようと考えて動き始めました。ですから、特に活動を制約するものはありません。底力は、日本を愛する人なら必ず持っている力。しかし、それは、主体的な意志がなければ発揮されない力です。今、発揮しないで、いつ発揮するのか。そんな思いを持つあなたがこのプロジェクトの主人公です。

Communication Planning

ロゴをダウンロードできるサイトを作成し、賛同者を人的ネットワークとSNSで増やしていき、ムーブメントに。

Creative Direction

今こそ、日本の底力を見せる時であるという思いと共に、この復興への挑戦が日本だけでの問題ではなく、世界的に注目を集めていることであることを考慮し、SOKOJIKARAを日本発の世界語にするという思いを込めローマ字表記を織り交ぜました。同時に下記の使用ルールを作り、誰もが自由に使えるものとしました。

1.自由に使えます

「底力ニッポン」の各種ロゴは、被災地のため、日本のために活動を行うあらゆる個人・法人が自由に使用することができます。また各種ロゴは、固定の団体に帰属するものではなく、企業・団体・エリアの枠を越えて誰もが使用できます。よって、同業界における他企業同士が同じロゴを使用しても、何ら活動を制約するものはありません。むしろ、業界全体で底力を結集し、一つになるために使用されることを望むものであります。

2.善意によって成り立ちます

ロゴは、日本を愛する方、本プロジェクトの主旨に賛同した方のみ使えるものとします。ロゴ使用によって復興支援ができる収益が生まれた場合は、各自、各団体の判断によって復興支援に充てるものとします。また、自社の営業継続や集客を目的にしたロゴの使用も可能です。ロゴ使用者の善意に基づいた使用をお願い致します。「底力ニッポン」の各種ロゴが掲出される企業・店舗で商品やサービスを購入する場合、購入者は各自の責任で、その購入資金がどのように使われるのかを判断しなければなりません。

3.力を合わせ、発信しあいます

参加者は日本の底力を引き出すために、各々の出来る範囲で本スローガンを発信し続けていくことに努めます。また、他者からの発信を受け入れ、相互の絆を尊重します。これは、日本を愛するあなたのプロジェクトです。